令和4年の芋焼酎の仕込み:さつまいもが入荷し芋切りスタート
令和4年8月1日(月)より、今年の芋焼酎の仕込みが始まりました。
今年最初の仕込みは、代表銘柄の「さつま国分」です。

【米麹造り】
令和4年8月1日(月)、まずは米麹造りが始まりました。

 
「さつま国分」の仕込みに使う種麹(河内菌白麹)です。

 
蒸して冷ました米に、種掛けをしているところです。


【出麹&一次仕込み】
令和4年8月3日(水)、出来上がった米麹をドラムから出し(出麹)、水と酵母が入った一次仕込みタンクに米麹を入れて、一次仕込みが始まりました。

 
これから出麹が始まるところです。

 
水と酵母が入った一次仕込みタンクに米麹が投入され、一次仕込みが始まりました。


【さつまいもの入荷・芋切り】

令和4年8月7日(日)、さつまいもが入荷し、芋切りが始まりました。

 
令和4年の初入荷の芋です。
今年も基腐病の影響で芋不足が予想されるため、国分酒造のメイン品種である"サツママサリ"の芋の入荷はもう少し後になります。
最初に入荷した芋は、鹿児島県産のコナイシンという芋です。

 
芋洗い機で芋をきれいに洗っているところです。

 
芋切りもスタートしました。この様子を見ると、今年も仕込みが始まったと改めて実感します。

 
今年は今のところ天候にも恵まれ、8月上旬のこの時期にしては、芋がとても大きく育っている印象を受けています。
今年は12月後半までの仕込みを予定しています。基腐病の影響ができるだけ少なくなることを願いつつ、最後まで計画通り仕込むことができるように、何とか頑張ってゆきたいと思います。


仕込みの様子は、HPで順次お知らせします。