令和2年の芋焼酎仕込み〜一次仕込み、二次仕込み、蒸留
 令和2年の芋焼酎の仕込み、予定通り進んでいます。

 
一次仕込み、並びに一次もろみの様子です。一次もろみの2日目には、汲み掛けを行っています。


 
さつまいも(鹿児島県産サツママサリ)が入荷しました。7月の長雨の影響もあり、例年に比べて、やや小さめの印象を受けます。


 
芋をきれいに洗った後、芋切りを行います。


 
蒸留も始まりました。杜氏・安田が、カットするタイミングを見計らっています。


 
初蒸留は、例年通り「さつま国分」です。この時期ならではの、新焼酎独特の香りが漂います。

今年もこのような感じで、12月中旬頃まで、芋焼酎の仕込みが続きます。