令和元年の芋焼酎の仕込み、間もなく終了します。
令和元年の国分酒造の芋焼酎造りは、12月22日が最後の仕込みとなり、12月30日の蒸留をもって、全て終了します。
最後の仕込みは、例年通り「安田」です。

 
芋の貯蔵庫から、"蔓無源氏"の芋が出されるところです。


 
"蔓無源氏"の芋をホッパーに入れるところと、芋洗いの様子です。


 
「安田」の芋切りの様子と、「安田」のもろみです。


今年は、夏場の天候不順の影響もあり、さつまいもの生育が遅れ気味だったのですが、"サツママサリ"、"蔓無源氏"の契約農家の方々が頑張って頂いたおかげで、ほぼ計画通りの仕込みができました。


 
この写真は、11月の「flamingo orange(フラミンゴオレンジ)」の蒸留の様子です。こちらは、来年3月下旬頃の発売に向けて、現在タンクで熟成中です。

残り僅かとなりました今年の芋焼酎の仕込み。最後まで、しっかりと取り組んでゆきたいと思います。