芋畑に行ってきました
令和元年8月8日、9日の2日間、芋の生育状況を確認するために、契約農家の芋畑に行ってきました。

 
開聞岳を望む、南九州市頴娃町の、有村さんの"サツママサリ"の芋畑です。

 
7月の日照不足の影響もあり、昨年に比べると、少し小さめでしたが、8月になって、天候に恵まれているため、実際の仕込みの時期には、もっともっと大きく育ってくれると思います。

 
こちらは、桜島の濱田さんの"サツママサリ"の芋畑です。一昨年から芋作りを始めた濱田さんですが、毎年レベルアップしています。

 
曽於郡大崎町の田畑さんの"サツママサリ"の芋畑です。この畑では、3月中旬頃に植え付けを行い、かなり大きく育っています。

 
こちらも、大崎町の田畑さんの畑で、4月になってから植え付けしました。サイズは小さめでしたが、これから、もっともっと大きく育ってくれると思います。

 
霧島市福山町佳例川の、谷山さんの"蔓無源氏"の芋畑です。

 
この時期にしては、しっかりと育っていて、安心しました。"蔓無源氏"の芋については、まだまだ時間があるので、もっと大きく育ってくれると思います。

 
今年から、谷山さんにも、"サツママサリ"の芋を栽培してもらっています。


今年は、7月の大雨などの影響を心配していましたが、契約農家の方が、しっかりと取り組んでもらっているおかげで順調に育っていて、一安心といったところです。
ただ、7月の日照不足の影響で、昨年に比べると、少し遅れ気味との印象も受けました。

今年も、昨年同様"コガネセンガン"は使わずに、"サツママサリ"と"蔓無源氏"の芋を使って、芋焼酎を造ります。
今年は、8月20日(火)より仕込みが始まります。今年も、美味しい芋焼酎をお届けできるように、杜氏・安田を中心に、頑張ってゆきます。