"蔓無源氏"の芋の苗の植え付けが始まりました
霧島市福山町の畑で、"蔓無源氏"の芋の苗の植え付けが始まりました。

 
"蔓無源氏"の芋の苗を育苗しているビニールハウスの様子で、農家の谷山さんと、杜氏・安田が話をしているところです。

昨年は、種芋の管理がうまくいかず、種芋が不足したため、苗づくりも大変だったのですが、今年は、今のところ、とても順調にきています。


 
"蔓無源氏"の芋の畑です。今年は、暖かい日が多かったため、例年より早く、4月上旬頃から、霧島市福山町の畑でも、苗の植え付けが始まっています。

昨年から手伝っている、谷山さんの長男の奥さんが、標識を作ってくれています。


 
今年から、谷山さんに、"サツママサリ"の芋の栽培もお願いしています。
「フラミンゴオレンジ」の焼酎の仕込みにも使う予定です。

今年は、天候等に恵まれ、苗の植え付けは、今のところ、とても順調に進んでいます。恵みの秋になるように、祈っています。