さつまいもの試し掘り(その2)
8月10日の試し掘りに続き、平成30年8月17日、別の畑に足を運び、さつまいもの試し掘りを行いました。
この日、足を運んだのは、鹿児島県曽於市、大崎町、桜島の3カ所の芋畑です。


鹿児島県曽於市の、岩永さんの芋畑で、4月に植え付けをした、"コガネマサリ"の芋です。すぐにでも仕込みに使えるぐらい、大きく育っています。



鹿児島県大崎町の、田畑さんの芋畑で、こちらの芋は"サツママサリ"です。田畑さんには、今年も一番のメインで栽培してもらっています。


こちらの"サツママサリ"の芋も、良く育っています。
今年6月に発売して反響の強かった「flamingo orange」も、この"サツママサリ"全量で仕込んでいます。



桜島の浜田さんの芋畑で、"サツママサリ"を栽培してもらっています。
植え付けが遅かったので、試し掘りはしませんでしたが、昨年に比べて、かなりレベルアップしていて、浜田さんの研究熱心さを感じました。


今年は、今のところ天候に恵まれて、生育は順調ですが、一方で虫が大量に発生しているところもあり、芋の葉が虫に食べられている畑も、目にしました。
昨年は、後半の芋が、あまり良くなかったので、最後までいい状態でいってくれるのを、願っています。

今年の国分酒造の仕込みで使う芋は、"サツママサリ"がメインですが、一部"コガネマサリ"にも挑戦して、焼酎の出来栄えを確かめたいと思っています。
尚、「蔓無源氏」「安田」に使う芋は、もちろん、谷山さんの"蔓無源氏"の芋です。