霧島産長粒米「夢十色」の田植え
国分酒造の蔵のすぐ下の田んぼで、霧島産長粒米「夢十色」の米の田植えが始まっています。
この米は、「蔓無源氏」などの焼酎の麹米として使われています。


田植えの様子です。


順調に田植えが行われてます。

「夢十色」の米作りに取り組むきっかけになったのは、平成20年9月にあった「汚染米事件」です。
この翌年の、平成21年から、「夢十色」作りが始まりました。

今年も、実りの秋を迎えられるようにと、願っています。