「維新ノ一滴」の蒸留
平成29年2月17日、「維新ノ一滴」の蒸留が行われました。
今年は、杜氏・安田宣久の研究の成果が出て、さつまいも"生もと"の「維新ノ一滴」が出来上がりました。


「維新ノ一滴」の蒸留前のもろみです。


蒸留が始まりました。


この日も、鹿児島のテレビ局の取材がありました。


そして、焼酎が垂れ始めました。


「維新ノ一滴」は、明治維新の頃に飲まれていた自家用焼酎の味を復元した焼酎です(「維新ノ一滴」の詳細は、こちらをご覧下さい)。

毎年、さつまいも"生もと"を目指して、「維新ノ一滴」の仕込みに取り組んでいます。昨年は、"生もと"ができずに、全て"水もと"でしたが、今年は目標通り、さつまいも"生もと"の「維新ノ一滴」が出来上がりました。

この焼酎は、これから1年ほど熟成させ、明治維新150年にあたる来年(2018年)の発売予定です。