「蔓無源氏原酒」発売について
「蔓無源氏原酒」発売のご案内です。


本日(H29.1.13)より、瓶詰め開始です。



「蔓無源氏原酒」について


10本の苗から、「蔓無源氏」の芋の栽培を手掛けたのが、平成15年7月。
芋は谷山秀時さんの手で見事に復活し、平成17年に3.5トンの収穫を得て、初めての仕込みが行われました。
出来上がった焼酎は1年ほど熟成させ、今から10年ほど前の、平成18年10月に、「蔓無源氏原酒」として発売しました。

その後、原料、貯蔵期間など更にこだわり、現在では下記の内容で発売しています。(「蔓無源氏26度」についても、アルコール度数、価格以外は、原酒と同じ内容で発売しています)

【原料芋】
霧島市の農家・谷山秀時さんが栽培した「蔓無源氏」の芋全量(霧島市立国分中央高校のご協力で、「蔓無源氏」のバイオ苗も使っています)
【原料米】
霧島市の十数件の農家が栽培した、長粒米「夢十色」全量
【麹】黒麹の老麹(ひねこうじ)
【貯蔵期間】3年以上
【アルコール度数】36度(原酒)
【希望小売価格】
1,800ml入 3,572円(税込 3,857円)

濃い味わいの「蔓無源氏」の個性、36%という原酒の力強さ、3年以上貯蔵させたまろやかさが相まって、非常にパンチのきいた、深い味わいの芋焼酎に仕上がっています。

平成29年1月下旬から順次発売になりますが、発送スケジュールの関係等で、2月以降にずれ込んでしまうこともありますので、ご了承ください。
販売している酒販店は限定されておりまして、出荷本数も少ないですので、売り切れの際はご了承ください。

販売している酒販店が分からない等、不明なことがありましたら、こちらまでお問い合わせ下さい。