芋焼酎「coolmint green」(クールミントグリーン)新発売のご案内

"いも麹"と"鹿児島香り酵母1号"を使って減圧蒸留を行った、芋焼酎「flamingo orange」(フラミンゴオレンジ)に対し、"米麹"と"鹿児島香り酵母1号"を使って減圧蒸留を行った、芋焼酎「coolmint green」(クールミントグリーン)を、2020年8月より発売することになりました。
ミント系の爽やかな甘さが感じられるのが特徴です。


【発売までの経緯】
2018年から発売している、芋焼酎「flamingo orange」(フラミンゴオレンジ)。
仕込みに使う酵母を"鹿児島香り酵母1号"に変えることで、果実・柑橘系の香りが引き立つ焼酎になりました(詳しくはこちらをご覧下さい)。

この"鹿児島香り酵母1号"は、バナナのような香りにつながる成分(酢酸イソアミル)が高くなると言われて使ったのですが、いも麹で仕込む「flamingo orange」(フラミンゴオレンジ)の場合、酢酸イソアミルはそれほど高くありません。

酢酸イソアミルを高めるには、米麹が必要なのではないかと考え、昨年(2019年)11月、米麹と"鹿児島香り酵母1号"を使った芋焼酎造りに取り組みました。

ただ、通常に仕込むと面白くないと考えた杜氏・安田宣久は、一次仕込みは行わず、米麹、さつまいも(サツママサリ)、鹿児島香り酵母1号を同時に仕込む方法(どんぶり仕込み)で行い、減圧蒸留をしました。

酢酸イソアミルの値は8.8と、通常の芋焼酎に比べて、かなり高い値となりました。一方で、フラミンゴオレンジで高い果実系・柑橘系につながる成分(モノテルペンアルコール)は、それほど高くありませんでした。

蒸留後しばらくは、バナナの香りの感じが強かったのですが、熟成中に少しずつ香りの変化が現れ、最近はミントのような香りが感じられるようになってきました。
また味わいについては、減圧蒸留の焼酎にも関わらず、独特の爽やかな甘さが感じられると思います。


芋焼酎「coolmint green」(クールミントグリーン)

原材料:さつまいも(鹿児島県産サツママサリ)、米麹(霧島産夢十色、白麹)
アルコール分:26度
酵母:鹿児島香り酵母1号
蒸留方法:減圧蒸留

小売希望価格:1,800ml 2,540円(税込 2,794円)
        720ml 1,200円(税込 1,320円)

2020年8月上旬より、全国の特約店で発売開始の予定です。

販売店が分からない場合は、最寄の販売店をご紹介できますので、こちらのメールアドレスまで、ご希望の銘柄とお住まいの地域をお知らせ下さい。
尚、発売本数が限られていますので、売り切れの際は、ご了承下さい。